自治体ホームページレスキュープロジェクト

被災者支援に必要な自治体ホームページからの情報発信をバックアップするためのプロジェクトです。

当初、大分県と熊本県の自治体ホームページを簡易調査した時に、いくつかの自治体ホームページにアクセス出来ない状況であったため、行政機関と連携して、暫定ホームページの立ちあげを目的に立ち上げたプロジェクトです。

現在のところ当時ダウンしていたホームページはすべて復旧しましたが災害は継続していると判断して、プロジェクトは継続することとなりました。

プロジェクト概要

プロジェクトには、大きく以下2つのパートがあります。

モニタリング状況

モニタリングを行っている情報の一部を一般公開させていただきます。今後、状況に応じた災害関連情報を随時追加する予定です。

公開しているモニタリング情報について

表示可否
該当の自治体のホームページにアクセスし、内容が表示されたかどうかを示しています。具体的には、HTTPステータスコードが200以外の時には表示できないと判断します。
レスポンスタイム
該当の自治体のホームページへの表示の時間を示します。具体的には、さくらインターネットのデータセンターからcurl -kL -w "%{time_total}"で取得できる時間を表示しています。この数字はその大小に意味があるのではなく、あきらかに通常と異なるレスポンスタイムになった場合にホームページの異常を疑い、前もって対処するために利用しています。
最終更新日時
該当の自治体のホームページが最後に更新された日時を示しています。具体的には、HTTPヘッダーのLast-Modfiledを表示しています。Last-ModifiedをHTTPヘッダーに含めないホームページの場合は空白となります。

現在のモニタリング状況

公共機関やNPO等支援団体の皆さんへ
モニタリング&暫定サイト提供を希望される方はこちらのフォームからご連絡ください。

ホームページ(HP)という用語は本来技術的にはWebサイトもしくはWebページと呼ぶべきであるが、自治体サイトでも良く用いられており、自治体職員などにも理解しやすいということで、このプロジェクトでは自治体ホームページと呼ぶこととしています。

このシステムはさくらインターネットよりサーバーを提供いただいております。

powered by IT DART